2019年4月2日に厚生労働省から出された「調剤業務のあり方」の通知(関連記事:「厚労省、非薬剤師でも可能な調剤業務を明示」)。大手薬局チェーンの日本調剤(東京都千代田区)取締役薬剤本部長の小柳利幸氏に、今回の厚労省の通知をどう受け止めたのかを聞いた。

「今のところは事態を静観、質の担保が最優先」の画像

ログインして全文を読む