日本在宅薬学会は2019年3月31日、緊急シンポジウム「薬機法改正は薬剤師業務をどう変えるのか?」を都内で開催した。最初に登壇した厚生労働省医薬・生活衛生局総務課薬事企画官で医薬情報室長の安川孝志氏は、医薬品医療機器等法(薬機法)等改正案を今国会に提出した背景とその内容を説明した。

服薬期間中のフォロー、どう考えるべきかの画像

ログインして全文を読む