厚生労働省は2019年3月14日、第7回医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議を開催した。アルツハイマー型認知症の治療薬4成分についてはスイッチ化を見送る一方、消化管運動賦活薬のイトプリド塩酸塩(商品名ガナトン他)と過敏性腸症候群(IBS)治療薬のポリカルボフィルカルシウムポリフル他)についてスイッチ化を「可」とした。

ポリフルなどIBS薬、条件付きでOTC化を了承の画像

ログインして全文を読む