「今回は禁忌肢の影響からか、第103回と比較して難易度は変わらないが、解きやすい問題が多かった。自己採点結果から推測すると、新卒の合格率は昨年並みとなるだろう」――。2019年2月23日、24日に行われた第104回薬剤師国家試験について、学校法人医学アカデミー薬学ゼミナール(薬ゼミ)学長の木暮喜久子氏はこう評価する。

第104回国家試験、新卒合格率は昨年並みかの画像

ログインして全文を読む