院内で多職種がチームを組み、入院患者の栄養管理を行うNST(栄養サポートチーム)。この活動を地域に広げようという動きがある。2019年2月14~15日に都内で開催された第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会で、三豊総合病院(香川県観音寺市)薬剤部主任の篠永浩氏が、「地域連携担当薬剤師」が介入する同院の「地域一体型NST」の取り組みについて発表。薬剤師が栄養管理に関わることの意義について語った。

「地域連携担当薬剤師」が患者の在宅移行を支援の画像

ログインして全文を読む