スギ花粉症の舌下免疫療法の成否は、患者が3~5年にわたる長期の服用を続けられるかどうかにかかっている。軽度の副作用が起こりやすい初期の服薬指導を丁寧に行い、将来の症状改善の見通しを示すことが、服薬アドヒアランスの向上につながる。

初めが肝心、舌下免疫療法の服薬指導の画像

ログインして全文を読む