DI Onlineのロゴ画像

「第1回フォーミュラリー研究会」が開催
後発品のない先発品が経済的効果に大きく関与
地域フォーミュラリー策定には調剤薬局が重要

日本医薬総合研究所が主催し、100人の参加者を見込んだ会場は、満席で注目度が高い様子が伺えた。

 2019年1月19日、第1回「地域フォーミュラリー研究会」(主催:日本医薬総合研究所[東京都千代田区])が東京都内で開催された。フォーミュラリーとは、エビデンスと経済性に基づく医薬品選択の指針のこと。研究会では、地域医療連携推進法人日本海ヘルスケアネット(山形県酒田市)代表理事の栗谷義樹氏、協会けんぽ静岡支部(静岡市葵区)企画総務グループ長の名波直治氏らが地域フォームラリーの現状について発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ