厚生労働省の「第6回高齢者医薬品適正使用ガイドライン作成ワーキンググループ」の会合が12月25日に開催され、「高齢者の医薬品適正使用の指針(追補)(案)」が提示された。

 主な利用対象は、医師、歯科医師、薬剤師。今回、事務局より提示された指針の追補版では、療養環境を、外来・在宅医療、急性期後の回復期・慢性期の入院医療、その他の療養環境の3部に分けて、それぞれの環境で必要になる、処方確認・見直しの考え方や、処方検討時の留意点などについて記載した。

療養環境ごとの処方確認・見直しの考え方を提示の画像

ログインして全文を読む