DI Onlineのロゴ画像

第28回日本医療薬学会より
医薬品情報業務にAIはどこまで入っている?

医薬品情報業務にAIはどこまで入っている?の画像

 医薬品情報業務における人工知能(AI)の導入において、薬剤師は患者が抱えている問題点を認識した上でAIを活用し、AIをサポーターとして上手に使うことが重要になる――。2018年11月23日~25日に神戸市で開催された第28回日本医療薬学会年会の特別企画シンポジウム「AIは薬剤師にとって、魔法の杖なのか?」では、医療現場やAI関連システムの第一人者らが現状を共有し、今後の課題について考えを述べた。

この記事を読んでいる人におすすめ