薬剤師法第28条で規定されている「調剤録」。この記入事項が、新たに増えることになりそうだ。厚生労働省は、2018年11月22日に厚生科学審議会医薬品医療機器制度部会を開催し、「服用期間を通じて、必要な服薬状況の把握や薬学的知見に基づく指導を実施すること」を法律で規定することを提案。さらに、把握した患者の服薬状況、実施した指導内容などについて、調剤録への記録を義務付けることを提案した。

調剤録への服薬状況や指導内容の記載の方向にの画像

ログインして全文を読む