日本小児科学会は、このほど2018/2019シーズンのインフルエンザ治療指針を更新した。学会は治療選択薬として、オセルタミル(商品名タミフル)、ザナミビル(リレンザ)、ラニナミビル(イナビル)、ペラミビル(ラピアクタ)の4剤について、表1のように年齢別で推奨度を区分している。

処方制限解除のタミフル、10代も「推奨」にの画像

ログインして全文を読む