厚生労働省は2018年10月、電子処方箋の本格運用に向けた実証事業の公募を開始した。19年2月ごろに事業を開始し、3月末までに結果や課題を整理して報告書として取りまとめる予定。

 電子処方箋について、厚労省は16年3月に「電子処方せんの運用ガイドライン」を策定するとともに、関連省令を改正し作成、交付、保存ができるようにした(関連記事:「電子処方せんの運用ガイドライン」公開電子処方箋の作成・交付・保存が可能に)。

電子処方箋の運用ルールを新たに模索の画像

ログインして全文を読む