遠隔服薬指導が、国家戦略特区で実証的に進められているが、今後、全国的に広がっていくとしたら薬の配送はどうなるのか。温度管理が必要な薬などは郵便や宅配便では難しいのではないか――。そんな課題に対する1つの答えになり得る取り組みが、福岡市で始まった。

医薬品卸が患者宅に薬を配送する時代が来る?の画像

ログインして全文を読む