ここ数年、厚生労働省だけでなく、財務省や内閣府などでの会議の場で、薬局や薬剤師の存在意義について、厳しく問う声が上がっている。そんな中、地域の薬剤師会が一丸となって、薬局や薬剤師の取り組みを積極的に発信する動きがある。神奈川県の藤沢市薬剤師会だ。

薬剤師会に必要な「ブランド」という視点の画像

ログインして全文を読む