添付文書上で妊婦への投与が禁忌や有益性投与となっている薬剤について、どう理解し、薬剤師としていかに対応すべきか――。2018年9月23〜24日に金沢で開催された第51回日本薬剤師会学術大会の分科会「妊婦・授乳婦と胎児・乳児の安全と安心を支える薬剤師業務」に、虎の門病院(東京都港区)薬剤部長の林昌洋氏が登壇し、薬剤師に求められる知識と技術について基調講演した。

妊婦・授乳婦の服薬指導に必要な視点とはの画像

ログインして全文を読む