患者に対する副作用症状の確認を、もっと充実したものにできないか──。保険薬局の薬剤師らによるNPO法人どんぐり未来塾は、調剤前に、患者にチェックシートで自覚症状を記録してもらい、その内容から副作用の予防や早期発見につなげる取り組みを進めている。2018年9月23〜24日に金沢で開催された第51回日本薬剤師会学術大会では、患者から得た情報の集計結果を、ポスター発表した。

調剤前の症状チェックで服薬指導を充実!の画像

ログインして全文を読む