要介護者の服薬管理状況はケアマネジャーが把握できるものの、薬剤師のサポートを求める意識がまだ低い現状が明らかになった。2018年9月24日、金沢市で開催された第51回日本薬剤師会学術大会で、古河薬剤師会(茨城県)副会長の宇田和夫氏が口頭発表した。

服薬状況把握はケアマネジャーとの連携がカギの画像

ログインして全文を読む