日本保険薬局協会(NPhA)は2018年9月21日、会員薬局を対象にした、後発医薬品およびかかりつけに関する調査結果を公表した。医療用医薬品の在庫品目数は平均1236.2品目(2017年調査時は1274.1品目)と減少したが、後発医薬品は713.4品目(463.4品目)と急増していることが分かった。

NPhA調査、後発品在庫713.4品目と急増の画像

ログインして全文を読む