DI Onlineのロゴ画像

AmazonのPillPack買収で“店舗型の薬局”は消える!?

2018/07/23
橋本 千香

 2018年7月、米国Amazon.com社がオンライン薬局を展開する米国PillPack社を買収した。このニュースに、「Amazon.com社が書籍や家電に加えて、医薬品の販売にも手を広げるだけだろう」と思った読者も多いと思う。ただ、医薬品販売業界、ひいては、製薬業界にとって、このニュースはそれ以上の意味を持つ出来事だと、私は考えている。

 2013年に設立されたベンチャー企業のPillPack社は、患者が1度に服用する複数の薬剤を一包化し、服用日と服用時間を薬袋に記載し、患者宅まで配達するサービスを提供している。患者が同社のサービスを受けるにはまず、PillPack社のサイトに必要な個人情報、加入している医療保険、支払い方法などを登録。その上で、もともと処方されている医薬品があるケースではかかりつけの薬局から、新たに処方された医薬品があるケースでは担当の医師から、PillPack社が処方箋を受け取り、PillPack社の拠点で薬剤師が調剤して一包化。物流サービスを手掛ける米国UPS社や米国FedEx社が、患者宅まで配送する。

 日本の薬局とは異なり、米国の薬局では医療機関で処方された薬剤を一包化してくれるところはほぼない。複数の薬剤をさまざまな時間に服用する患者にとって、PillPack社のサービスはアドヒアランスを高めるものだと言える。

この記事を読んでいる人におすすめ