厚生労働省は2018年7月18日の中央社会保険医療協議会(中医協)総会で、平成30年台風7号および前線等に伴う大雨(いわゆる西日本豪雨)の被災に伴う医療保険制度の主な対応状況について報告した。保険調剤に関する被災地での対応については、(1)記載事項が不十分な処方箋の取り扱い、(2)処方箋を持参できない場合の取り扱い──を明らかにした。

処方箋なしでも調剤OKに 西日本豪雨の被災者対応の画像

ログインして全文を読む