DI Onlineのロゴ画像

 2018年度の診療報酬改定の医科向けの改定項目中で、薬局も留意しておきたいのが、血行促進・皮膚保湿剤のヘパリンナトリウム(商品名ヘパリンZ)とヘパリン類似物質ヒルドイド他)の処方を巡る要件の見直しだ。

 中央社会保険医療協議会(中医協)総会が、厚生労働大臣に2018年2月7日に答申した際に見直された要件は、(1)美容目的などの疾病の治療以外を目的としたものについては、保険給付の対象外である旨を明確化する、(2)審査支払機関において適切な対応がなされるよう周知する──といったもの。厚労省によれば、疾病の改善の目的外で、一度に多量に処方される量が一定程度あり、適正使用が求められていることから見直しに踏み切ったという。

この記事を読んでいる人におすすめ