中央社会保険医療協議会(中医協)総会が2017年12月20日に開催され、12月18日に発表された2018年度診療報酬改定の改定率が報告された。出席した委員からは特に意見はなく、了承された。既報の通り、診療報酬本体は0.55%の引き上げで、薬価は1.65%の引き下げ、医療材料は0.09%引き下げる。

中医協で改定率報告されるの画像

ログインして全文を読む