かかりつけ薬剤師が果たすべき新たな機能は、ポリファーマシーへの介入と長期処方の分割調剤――。11月25日、埼玉県大宮市で開催された第11回日本薬局学会学術総会の特別シンポジウム「『患者のための薬局ビジョン』実現のためのアクションプラン」に、東京大学大学院医学系研究科地域医薬システム学講座教授の今井博久氏が登壇。今春、厚生労働省が公表したKey Performance Indicator(KPI;重要業績評価指標)を踏まえた、薬剤師の新たな役割について語った。

「かかりつけ」によるポリファーマシー介入と分割調剤に期待の画像

ログインして全文を読む