「さくら薬局」など約530店を展開する大手チェーンのクラフト(東京都千代田区)は、2017年10月30日、一部店舗で、処方箋の不適切な取り扱いがあったと発表した。10月27日に業界紙が、同社のさくら薬局相馬店(福島県相馬市)で、調剤報酬の付け替えがあったと報道。これを受けて同社は公表に至ったようだ。10月27日までに、日本薬剤師会や日本保険薬局協会に事情を説明していた。

クラフトでも処方箋の「付け替え」の画像

ログインして全文を読む