政府は2017年10月26日に経済財政諮問会議を開催し、経済・財政一体改革の各論として社会保障の議論が行われた。その中で調剤報酬について民間の有識者議員から、調剤技術料の妥当性を検証しつつ、薬局の機能分化や報酬の適正化を図るよう求める声が上がった。

経済財政諮問会議で調剤報酬の適正化を求める声の画像

ログインして全文を読む