不眠を訴える患者に、睡眠時間や生活習慣を記録してもらい、不眠の原因を確認する「睡眠レコーディング」。この手法が患者の睡眠に対する不満や服用の問題点の解決につながったとして、総合メディカル・ファーマシー中部(名古屋市中村区)のハロー薬局中小田井店(名古屋市西区)で薬局長を務める矢部輝義氏が使用したレコーディング票の工夫などを紹介。第50回日本薬剤師会学術大会でポスター発表した。

記録票をひと工夫で服薬指導の質を向上の画像

ログインして全文を読む