DI Onlineのロゴ画像

日本調剤、学術大会で質の向上促す取り組み共有
地区予選で選ばれた優秀演題を発表、社外にも公開

第2回日本調剤グループ学術大会全国大会の様子

 2017年8月6日、日本調剤(東京都千代田区)は都内で「第2回日本調剤グループ学術大会全国大会」を開催した。大会では、日本臨床腫瘍薬学会理事長の遠藤一司氏による基調講演のほか、同社社員による一般講演、顧客満足度向上のための取り組みの一環として優れた接客対応の薬剤師・事務職員を表彰する「第1回ロールプレイ大賞」などが行われた。

 第2回となる今大会からは、同社の学術活動を広める目的で、一般聴講も可能とした。また、一般講演は、全国9ブロックで開催した地区大会を経て、各地区で優秀な演題として選ばれた上位10演題が発表され、来場者の投票によって選ばれるオーディエンス賞、奨励賞、社長賞が設けられた。

この記事を読んでいる人におすすめ