DI Onlineのロゴ画像

小田原の薬局、薬剤師不在の調剤で業務停止

7月23日まで、10日間の業務停止となったみずしま薬局。昨年秋に開局した。

業務停止となった薬局には、休業を知らせる張り紙があった。

 神奈川県は2017年7月11日、みずしま薬局(小田原市)に対して7月14日から23日まで、10日間の業務停止を命じたと発表した。業務停止となった理由は、薬剤師が不在の状態で、薬剤師でない者が調剤するなど医薬品医療機器法(薬機法)に違反したため。

 これに伴って、神奈川県は薬機法施行規則に基づき、同薬局の開設者である水嶋英明氏の登録販売者の販売従事登録を消除した。

 業務停止となった14日午後、小田原駅から徒歩7分ほどにある、みずしま薬局を訪れると、薬局内は真っ暗で、格子のシャッター越しに休業を知らせる張り紙が張られていた。

この記事を読んでいる人におすすめ