ギリアド・サイエンシズ(東京都千代田区)は、2017年6月9日、C型肝炎治療薬のハーボニー配合錠(一般名レジパスビルアセトン付加物ソホスブビル)の一部について、自主回収を始めたと発表した。有効成分のレジパスビルの定量値が、承認規格をわずかに上回るものがあることを確認したため。

ハーボニー配合錠を一部自主回収の画像

ログインして全文を読む