厚生労働省は、このほど、「医療用麻薬適正使用ガイダンス」を公開した。癌による疼痛や慢性疼痛の治療で、医療用麻薬を使う場合の適正な使用や管理についてまとめたものだ。地域包括ケアが普及し、在宅で療養する癌患者の増加が見込まれる中で、薬局薬剤師も必携の書といえる。

在宅に必携の「医療用麻薬適正使用ガイダンス」が改訂の画像

ログインして全文を読む