DI Onlineのロゴ画像

薬局と大学病院が「がん専門薬剤師」育成で提携
アインメディオと藤田保健衛生大病院が研修委託契約を締結

 大手薬局チェーンであるアイングループの株式会社アインメディオ(名古屋市中村区)と藤田保健衛生大学病院(愛知県豊明市)は2017年2月2日、がん専門薬剤師の育成に向けた研修実施に関して委託契約を締結した。アインメディオの薬剤師2人が3月から週1回、5年間にわたって藤田保健衛生大学病院で研修を受け、日本医療薬学会が認定するがん専門薬剤師の取得を目指す。

 厚生労働省が2015年10月に発表した「患者のための薬局ビジョン」では、2025年までに全ての薬局を「かかりつけ薬局」とするビジョンが掲げられている。さらに、患者のニーズに応じて強化・充実すべき機能として、健康サポート機能と高度薬学管理機能が掲げられている。

この記事を読んでいる人におすすめ