DI Onlineのロゴ画像

抗アレルギー薬が続々OTC薬市場へ
エバスチンが第1類医薬品に
要指導医薬品「クラリチンEX」は1月25日から発売

 厚生労働省は2017年1月20日、抗アレルギー薬エバスチンを、同日付で要指導医薬品から第1類医薬品に移行すると告示した。販売名は「エバステルAL」。第1類医薬品になったことで、エバスチンはインターネットでの販売が可能となる。

 現在、要指導医薬品に指定されている医薬品(劇薬を除く)は以下の通り(表1)。2017年1月13日に要指導医薬品に指定されたロラタジンは、1月25日に販売名「クラリチンEX」として発売された。

この記事を読んでいる人におすすめ