DI Onlineのロゴ画像

交付時は患者の前で開封し錠数など確認を
ハーボニー「偽造品」発見で注意喚起

 ギリアド・サイエンシズは2017年1月17日、同社が販売するC型肝炎治療薬ハーボニー配合錠(一般名レジパスビルアセトン付加物・ソホスブビル)の偽造品が、奈良県内の特定のチェーン薬局で発見されたことを公表した。これを受けて、薬局でハーボニーを患者に交付する際は必ず、患者の前で製品を開封し、アルミシールや錠剤の形状、数量などを確認するよう求めている。

 今回発見された偽造品は5つ(画像など詳細は次ページ)。ボトルは真正品だが、口部のアルミシールが真正品よりも剥がれやすかったり、錠剤の色や形が全く異なるものなどがあった。現時点では、偽造品の服用が原因と考えられる有害事象の報告はない。

 最初に偽造品が発見されたのは、奈良県に運営本部があり、奈良県と京都府に複数の薬局を有するチェーン薬局。患者が服用前に異変に気づき、発覚した。これを受けて同チェーンは、自社の店舗が保有するハーボニーの在庫を運営本部に全て回収し確認したところ、5つの偽造品が見つかった。発見されたのは奈良県内の2店舗と運営本部の計3カ所で、京都府内の店舗からは見つかっていない。

 これらの偽造品を、同チェーンは医薬品卸A社から納入しており、卸A社は別の卸B社から納入したという。さらに上流の流通経路については現在、奈良県が調査を進めている。

 ギリアドは、ハーボニー配合錠の真正品の外観(図1)を改めて周知。医師と薬剤師に幾つかの項目を確認するよう求めた。

この記事を読んでいる人におすすめ