クオール(東京都港区)は2016年11月9日に開催した決算説明会で、かかりつけ薬剤師指導料に関して、同社の店舗に勤務する薬剤師の約34%が届け出ていること、そのうち同意書を100件以上取得した薬剤師が約160人いることを明かした。調剤基本料の「特例除外」に該当する店舗は、半期で4店舗に上ったという。

クオール、「かかりつけ」の届出割合は34%の画像

ログインして全文を読む