OTC薬を購入するために薬局を訪れた人のうち、医療用医薬品を服用している患者の使用薬剤や来局日時、薬剤師への相談内容などを1年間分析したところ、来局時期は日曜や周辺薬局の休日が多く、医療用医薬品では降圧薬を服用している患者が多かった。こうした調査結果を、サンドラッグファーマシーズ(東京都府中市)の小山内智紀氏が2016年10月9日、第49回日本薬剤師会学術大会で発表した。

日曜や医療機関の休日にOTC薬を購入する傾向の画像

ログインして全文を読む