DI Onlineのロゴ画像

第48回日本薬剤師会学術大会より
小児用散剤の団子、水は何滴がベスト?
細粒や顆粒などの性状と至適水分量は相関せず

 乳児に散剤を服用させる方法として、少量の水を加えて練り、団子状にして頬の内側や上顎に付ける方法(ペースト法)がある。しかし、適度に粘度のある団子状にするのに苦労する保護者は多い。

 そんな悩みを解決するため、グリーンファーマシーひまわり薬局児島店(岡山県倉敷市)の眞田聡介氏らは、複数の散剤についてペーストを作る至適水分量を検討し、保護者に調査を行った。

この記事を読んでいる人におすすめ