DI Onlineのロゴ画像

「認定小児アレルギーエデュケーター」を知っていますか?
日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会が参加を呼び掛け

 気管支喘息やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーといったアレルギー疾患の小児患者と家族を、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士が連携してサポートする動きが広がっている。日本小児難治喘息・アレルギー疾患学会(JSPIAAD)は2013年度から、これまで看護師のみを対象としていた「認定小児アレルギーエデュケーター」の受講・受験資格を薬剤師と管理栄養士にも拡大。地域における薬局薬剤師の貢献に期待が集まっている。

 吸入ステロイドの普及などにより近年、喘息の治療管理は外来診療で行えるようになった一方、喘息患者数は増加の一途をたどっている。また、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーに関しては診療ガイドラインの整備が進んだものの、長期にわたる服薬アドヒアランスの維持や、患児と家族の生活の質(QOL)向上が課題となっている。加えて、アレルギー疾患患児のサポートには、医師だけでなく看護師、薬剤師、管理栄養士といった多職種の協力が必要でありながら、十分な専門知識と技能を持つ人材が育ちにくかった。

 そこでJSPIAADは2009年度から、小児のアレルギー疾患を総合的に捉え、患者教育を担うことができる専門スタッフを「小児アレルギーエデュケーター(PAE)」と名付け、看護師を対象に養成を開始。2013年度からは受講資格を薬剤師と管理栄養士にも広げ、多職種がそれぞれの職能を生かして効果的なケアにつなげていくことを目指す。同時にJSPIAADは、PAEの養成に当たり、日本小児アレルギー学会(JSPACI)や日本皮膚科学会にも協力を呼び掛けている。

「小児アレルギー疾患のチーム医療で薬局薬剤師が果たすべき役割は大きい」
 2013年6月現在、PAEの資格を持つコメディカルスタッフは100人を超えるが、そのうち薬剤師は3人のみ。その一人であるすずらん調剤薬局(三重県亀山市)管理薬剤師の上荷裕広氏は、「外来診療の医療チームの中で、最後に患者と接するのは薬局薬剤師であることが多い。それゆえ、医療機関から見ていわば“部外者”である薬局薬剤師が、いかに医師の処方意図を汲み取り、ケアにつなげるかが重要になってくる」と、薬局薬剤師が積極的に関わる必要性を訴える。

この記事を読んでいる人におすすめ