DI Onlineのロゴ画像

スイッチ直後品目の検討会が取りまとめ
「薬剤師が知識・経験を持って使用者の状態を直接判断することが必要」

 厚生労働省は2013年10月8日、「スイッチ直後品目等の検討・検証に関する専門家会合」を開いた。前回の会合までに出た意見とメンバーとの個別の議論を基に、厚労省が取りまとめ案を提示。全員一致で了承された。

 厚労省は「一般用医薬品の販売ルール策定作業グループ」の報告書と併せて、一般用医薬品(OTC薬)の新たな販売ルールについて制度設計を行い、10月15日に召集予定の臨時国会に関連法案を提出する見通し。

 最終的にまとめられた2つの検討会の報告書の概要は以下の通り。

■一般用医薬品のインターネットでの販売ルール(概要)

この記事を読んでいる人におすすめ