DI Onlineのロゴ画像

「規模の経済によって調剤薬局が高利潤化している可能性」
日医総研がワーキングペーパーで指摘

 日本医師会総合政策研究機構は2013年7月30日、「院外処方の評価に関する研究 ―医薬分業元年から約40年を経た調剤報酬の妥当性についての考察―」と題したワーキングペーパーを公表した。

この記事を読んでいる人におすすめ