DI Onlineのロゴ画像

医師の3割が医薬品を一般名で処方、ファイザーを高評価
6月実施のネット調査で明らかに

 病院検索サイトや医薬品検索サイトなどを運営するQLife(東京都世田谷区)が医師を対象に実施した調査で、医師のおよそ3割が、6月時点において一般名処方を行っていることが分かった。また、「後発医薬品の処方選択で重要視する項目」による製薬会社の評価では、ファイザーが圧倒的な支持を集めた。

この記事を読んでいる人におすすめ