DI Onlineのロゴ画像

小児用量を調べることができるiPhone用アプリ登場
患児の体重や年齢から成分量・製剤量を算出

 iPhone用の小児用量検索アプリ「おしえて!小児用量 2012」が登場した。医薬情報研究所(東京都千代田区)が開発したもので、App Storeからダウンロードして使用する。価格は3200円。

 まず薬剤名で検索し、患児の体重や年齢を選択すると、必要な小児用量が表示される。成分量だけでなく製剤量も算出できるので、調剤する薬剤師にとっても有用だ。体重が多い小児の場合も、小児の上限量や成人量を超えないよう上限値が設定されているため、多量投与を防ぐことができる。またシロップ剤の色や味、配合変化や錠剤の粉砕可否も確認できる。

 開発のきっかけは、スタッフが東日本大震災の被災地に医療支援に出向いた際、ボランティアで活動していた薬剤師から「小児用量の早見表があると助かる」と言われたことだという。そのときは同社が制作した書籍のデータを渡したが、このような災害時の活用を考え、添付文書に小児用量の記載がある内用・外用薬を幅広く収載し、かつオフラインで検索できるアプリとして開発した。

この記事を読んでいる人におすすめ