DI Onlineのロゴ画像

くすりの適正使用協議会が患者・一般生活者1500人対象に調査
処方薬についての説明「薬剤師から」が83%

くすりの適正使用協議会(大橋勇郎会長)は、20~60歳代の一般男女計1500人を対象に、医療や医薬品に関する意識変化をインターネットを用いて調査し、このほど結果を公表した。

この記事を読んでいる人におすすめ