DI Onlineのロゴ画像

糖尿病の診断基準に「HbA1c」を追加
日本糖尿病学会、HbA1c値表記に国際標準の導入も

 日本糖尿病学会は5月27日、岡山市内で開かれた第53回学術総会において、糖尿病の新しい診断基準を発表した。新基準では、従来の「血糖値」に加え、過去1~2カ月の平均的な血糖状態を示す「HbA1c」を診断基準の一つとして採用した。糖尿病の診断基準の改訂は11年ぶり。7月1日から適用する。

 HbA1cは、慢性の高血糖状態をよりよく反映する指標として有用であり、検査も容易。国内外で治療上の指標として既に汎用されており、十分なエビデンスが集積されている。そうしたことから同学会は、「診断基準に取り入れる機が熟した」と判断、新診断基準に盛り込むことを決定した。

 また、新基準では、HbA1cの検査値を、国際基準である「NGSP値」に統一することも確認された。NGSP値は、現行の日本での測定法によるJDS値に0.4%を足した値となる。

 新しい糖尿病診断基準の概要は、次の通り。

 初回検査で、(1)空腹時血糖値126mg/dL以上、(2)75g糖負荷試験で2時間値200mg/dL以上、(3)随時血糖値200mg/dL以上、(4)HbA1c値がNGSP値で6.5%以上(JDS値では6.1%以上)──のいずれかを満たした場合は「糖尿病型」と判定する。別の日に再検査し、再び「糖尿病型」が確認されれば、糖尿病と診断する。ただし、(4)のHbA1cの反復検査だけでは糖尿病と診断しない。血糖値とHbA1cを同時に測定し、双方の結果が「糖尿病型」であれば、初回検査だけで糖尿病と診断する。

この記事を読んでいる人におすすめ