DI Onlineのロゴ画像

薬剤師国家試験、今年の合格者数は3787人
全体の合格率は56.35%

 厚生労働省医薬食品局は3月30日、第95回薬剤師国家試験の合格者を発表した。総受験者6720人のうち合格者は3787人で、合格率は56.35%だった。試験は3月6、7日の両日、全国九つの会場で行われた。

 昨年行われた第94回薬剤師国家試験では、受験者1万5189人中、合格者は1万1300人(合格率74.40%)だった。薬学教育6年制への移行の関係で、今年は大学をストレートに進級して国家試験を受ける新卒の学生はいないが、それでも4000人近い「新人薬剤師」が誕生することになる。

 合格者のうち、新卒者は523人(受験者1318人、合格率39.68%)、既卒者は3264人(受験者5402人、合格者60.42%)だった。合格者の出身大学の種類別でみると、国立大学は227人(受験者551人、合格率41.20%)、公立大学は64人(受験者140人、合格率45.71%)、私立大学は3491人(受験者6002人、合格率58.16%)だった。

 各出身大学別の受験者数、合格者数、合格率は表の通り。

この記事を読んでいる人におすすめ