DI Onlineのロゴ画像

2010年度調剤報酬改定速報(第二報)
【詳報】調剤報酬点数はココが変わった!

答申書を渡す中医協会長の遠藤久夫氏(左)。受け取っているのは、厚生労働大臣政務官の足立信也氏。

 中央社会保険医療協議会(中医協)は、2月12日、20010年度診療報酬改定について、厚生労働省がまとめた個別の点数案を中医協委員が了承し、厚生労働大臣の長妻昭氏に答申を行った(今回決定した調剤報酬の個別点数表はこちら)。

 今回の調剤報酬改定で新設および変更された項目は、次の七つだ。
(1)長期処方された場合の内服薬調剤料および、一包化薬調剤料の見直し
(2)湯薬の調剤料の見直し
(3)ハイリスク薬を投薬した場合の薬剤服用歴管理指導料への加算の新設
(4)調剤基本料の特例の条件と点数の見直し
(5)後期高齢者薬剤服用歴管理指導料の薬剤服用歴管理指導料と薬剤情報提供料への一本化
(6)後発医薬品調剤体制加算の見直し
(7)後発医薬品使用体制加算(入院初日)の新設

この記事を読んでいる人におすすめ