DI Onlineのロゴ画像

薬剤師数は6%増の26.8万人、薬局従事者が初の半数超え
2008年医歯薬調査、薬局と病院の従事者数の差広がる

 厚生労働省は12月17日、最新の「医師・歯科医師・薬剤師調査」の概況を発表した。この調査は、2年に1度、所在地や従業場所などを届け出るよう義務付けられている上記3医療職について、増減率などを集計するもの。2008年12月31日現在における全国の届出薬剤師数は26万7751人となり、前回調査時(2006年12月31日)と比べると、1万5218人(6.0%)増加した。

 ちなみに、届出医師数は28万6699人(3.2%増)、届出歯科医師数は9万9426人(2.3%増)であり、これら3医療職では薬剤師の増加率が最も高かった。

 届出薬剤師数を男女別に見ると、男性薬剤師は10万4578人で、届出総数に占める割合が39.1%。女性薬剤師は16万3173人(同60.9%)だった。

この記事を読んでいる人におすすめ