DI Onlineのロゴ画像

厚労省、「緊急安全性情報のメール配信サービス登録を」
病院、薬局などの医療従事者に向けアナウンス

 厚生労働省は、このほど公表した「医薬品・医療機器等安全性情報254号」で、医薬品医療機器総合機構(医薬品機構)が運営する「医薬品医療機器情報配信サービス」の概要を紹介。薬剤師や医師など、病院や薬局などに勤務する医療従事者に向け、積極的な利用を呼びかけた。

 同サービスは、医薬品・医療機器の緊急安全性情報や使用上の注意の改訂指示、医薬品・医療機器の回収情報などを電子メールで配信するもの。利用は無料だが、対象は病院などの医療関係施設や薬局、製薬会社、大学などに所属している医療関係者に限定される。所属機関、名前、電子メールアドレスなどをあらかじめ登録する必要があり、1施設から複数人の登録が可能。

 現在、配信されている情報は(1)緊急安全性情報(2)医薬品・医療機器等安全性情報(3)使用上の注意の改訂指示(4)医薬品安全対策情報(DSU)(5)自主点検通知(6)回収情報(クラス1)──の6種類。これらから必要な情報を選択して受信できる。

この記事を読んでいる人におすすめ