DI Onlineのロゴ画像

ジェネリック医薬品市場、2010年に3597億円へ
富士経済調査、医療用医薬品市場の5.2%を占めると予測

 市場調査大手の富士経済はこのほど、ジェネリック医薬品市場が2010年には3597億円へと拡大するとの調査結果をまとめた。2007年の市場(3062億円)と比べ、17.5%の伸びが見込めるという。同調査では、2010年における医療用医薬品市場を6兆8929億円と予測しており、医療用医薬品に占めるジェネリック医薬品の割合は5.2%となる。

 同社によると、2007年の医療用医薬品に占めるジェネリック医薬品の構成比が高い薬効領域は、消毒剤・褥瘡治療薬(20.1%)、輸液製剤・栄養剤・ビタミン剤(17.8%)、痛風・高尿酸血症治療薬(16.4%)、抗ウイルス剤(13.0%)の4領域。今後、ジェネリック医薬品の構成比が高まると考えられる薬効領域として、降圧剤(300億円、2007年比65.7%増)、統合失調症治療薬(29億円、同61.1%増)、糖尿病治療薬(82億円、同57.7%増)などを挙げている。

 なお、この調査の詳細は、報告書「2008ジェネリック医薬品データブック」にまとめられている。

この記事を読んでいる人におすすめ