DI Onlineのロゴ画像

ネクサバールの急性肺障害でブルーレター
報告があった4例中2例が死亡、添付文書も改訂

 バイエル薬品は12月19日、ネクサバール錠200mg(一般名:ソラフェニブトシル酸塩)との因果関係が否定できない間質性肺炎を含む急性肺障害が4例報告され、うち2例が死亡していたとして、医療関係者向けに安全性情報(ブルーレター)の配布を開始した。

この記事を読んでいる人におすすめ