DI Onlineのロゴ画像

サレドカプセルなど9成分13品目が薬価収載
重篤な副作用招く薬剤が多く薬剤師は注意を

 厚生労働省は12月12日、サレドカプセル(一般名:サリドマイド)を含む9成分13品目を新たに薬価収載した。サレドの適応症は「再発又は難治性の多発性骨髄腫用薬」。

 このほか、特発性肺線維症用薬のピレスパ錠(ピルフェニドン)、抗てんかん剤のラミクタール錠(ラモトリギン)、高リン血症改善薬のホスレノールチュアブル錠(炭酸ランタン水和物)、閉経後骨粗鬆症用薬のウェールナラ配合錠(エストラジオール・レボノルゲストレル)なども薬価収載した。新規9成分のうち、4成分が希少疾病用医薬品の指定を受けている。

 今回、新規収載された成分のうち、サレドには催奇形性、ピレスパには光線過敏症、メノエイドコンビパッチには長期間投与時の乳癌発症リスク増加、ラミクタールには重篤な皮膚障害といった副作用があるため注意が必要だ。新規収載成分の内訳は、以下の通り。

この記事を読んでいる人におすすめ